よだかれん ちいさき声をすくいあげる会

ブログ&活動報告

「日本にカジノはいらない&新宿区施設におけるコロナ感染者発生&行政書士活用をご検討下さい(*´▽`)ノノ」

2020年07月11日

皆さんこんにちは、新宿区議会議員のよだかれんデス。
いくつかトピックがあるのでそれぞれ手短に。

カジノ不要再度の申し入れ

事あるごとに申し上げておりますが、私はカジノが成長戦略だなんて全く理解できません。日本人出入り禁止で海外の富裕層のみを対象に行うのであればまだ譲歩いたしますが、単に物価が安くてお買い得だからと(一昔前の日本人が海外へ行っていたように)、中国を始めとするアジア各国の中間層が(富裕層ではありません)お買い物に来てくれていただけなので(クールジャパンだから来てくれているなどというのは幻想です)、そもそも世界の富裕層は日本にお金を落しになどやって来ません。

カジノに前向きな小池都知事を選んだ皆さんは、どのような理由で投票したのであれ、しっかりと注目し続けて頂きたいと思います。
カジノ誘致して何が悪いのという方はそれはそれでよいのですが。

先日、「カジノいらない!東京連絡会」という市民グループが戸に申し入れを行ったという記事が小さく載っていました。


(東京新聞2020.07.10)

都知事選に圧勝したことで、これが都民の民意ですと強行することのないよう、これまで以上に目を光らせなければなりません。

区関連施設でのコロナ感染者が

初めてのことではありませんし、もはやどこで誰が感染しても不思議ではなく責められる必要もないと思います。
今回は障害者施設と保育園。クラスター化していないことを、そして当事者さんが重症化しないことをお祈りします。

 

いよいよテナント家賃助成が始まります

家賃を支払って事業を営んでいる皆さんは気になって仕方がないであろう国によるコロナ被害救済策、いよいよですね。
7/14から詳細がHPで発表となりますので要注目です(現段階ではコチラ)。

それほど難しい内容ではないと思われますが、忙しい中本業を立て直すのに集中しなければならない中、申請に労力を注ぐのはもったいないと思います。
餅は餅屋に任せ、どうぞ行政書士の活用をご検討下さい(私は行政書士としても活動しております(*゚▽゚*))

特に新宿区では、「専門家活用支援事業」がございます!!

詳しくはコチラを御覧頂きたいと思いますが、総額10万円を上限(複数の助成金等の申請に専門家を活用できるのですが、1件につき24000円が上限となります)に助成して貰えます。
多くの方にご活用頂きたいのですが、法人の場合、本店登記が新宿区内となっている必要がありますのでご注意下さい。

持続化給付金もまだ申請していないという方がいらっしゃいますね。
対象範囲も広がりましたので、自分も申請できるのかどうか分からないという方は是非ともあなたの街の法律家・行政書士にご相談下さい。

明日は久しぶりに、行政書士業務で図面作成のための測量に出かけます。
数年前に在留資格許可申請を受任したお客様からのご依頼なのですが、こうして枝葉が広がって行くのは本当に幸せです。

真面目にやっているとこうしていことがあります。
正直者がバカを見ない世の中を築いて参りましょう(´ε` )!

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com