よだかれん ちいさき声をすくいあげる会

ブログ&活動報告

「新宿区の”当日キャンセル待ち枠”を利用して、ワクチン接種して参りました(*゚▽゚)ノ」

2021年09月10日

皆さん今晩は、新宿区議会議員のよだかれんデス。

少し前まで、私自身はワクチンを打ちたいという気持ちがなく、打ちたい方が一日も早く打てるようにと区のワクチン情報を、Twitterを中心に積極的に発信して参りました。

そんな中、実は父がちょっとした手術をすることになり、入院中自宅に一人になってしまう母のそばにいたいと帰省を考えました。が、緊急事態宣言中であるというだけでなく、ワクチン未接種の私が高齢者の両親のもとに帰るのはばかられ、結局帰省を見送りました。

幸い手術も上手くゆき検査結果も問題なかったので良かったのですが、これをきっかけにワクチン接種を考えるようになりました。考えてみればもう1年9ヶ月も両親の顔を直接見ていませんので、一刻も早く帰省したい。

そんなとき、新宿区が粋な事業を始めてくれました。集団接種会場における当日キャンセル待ち枠の新設』です!!((o(´∀`)o))

以前から、所属する福祉健康委員会で、当日生じた余剰ワクチンの扱いについて問い、区民にどのように扱っているのか公表すべきとお伝えして来ました。

その成果で!!ということはないと思いますが、こうした枠を新設したのは素晴らしい!!評価します。

詳しくは上記HPで確認して頂きたいと思いますが、当日朝申し込みをして、夕方5時に申し込んだ接種会場に行き、抽選をして当たったら接種できるというものです。接種できた場合は、自動的に3週間後に予約が入れて貰えます。

あくまでも余剰ワクチンが存在した場合に限られますし、申込人数が余剰分を超える場合は抽選なので、せっかく会場に足を運んだのに接種できないという場合もあるのですが、時間の融通が利く生活スタイルの人々にとっては申込意欲がそそられる制度ではないでしょうか。

ということで!!
本日朝、ある程度質問作成の目途も立ったところで急遽思い立ち、当日キャンセル待ち枠で申し込むことといたしました。

電話は一発で繋がり無事に申し込みが完了ッ( ´艸`)
会場に着いて、抽選当たるかなぁとドキドキしていたところ(会場は某戸塚出張所だったのですが、キャンセル待ち区民6名が集っていました)、係の方から

「本日は皆さん接種して頂けることとなりました!」

と嬉しい発表がありました‼
会話は控えましょうと注意書きがあるのですが、その瞬間控え目な歓声が上がりました(≧∇≦*)

ミスが許されない現場で、職員の皆さん感じよくテキパキと丁寧にお仕事されていました。大変お世話になりました<(_ _)>

打ちたくないという方は無理に打つ必要はありません。
打ちたいのに予約が取れないという方で、ある程度時間の融通が利かせられる方は、こうした制度をご活用頂ければと思います。

一日も早く、会いたい人に会いに行ける社会を取り戻しましょう。

 

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com