よだかれん ちいさき声をすくいあげる会

ブログ&活動報告

「コロナ禍支とくらし-支援の現場から見えてきたもの-~久しぶりの区議会超党派勉強会でした~。」

2022年04月16日

皆さんこんばんは、新宿区議会議員・行政書士のよだかれんです。
と、これまではご挨拶しておりましたが、もう一つ、れいわ新選組 参院選 公認候補予定者 よだかれんです。

記者会見からドタバタの落ち着かない日々で、なんと1週間もブログ更新が出来ませんでした・・本格的にブログを始めて7.8年近くたつと思うのですが、初めてのことです。それほど人生初の記者会見というものが衝撃的だったという事ですね(´ε`;)

そんな中、先日(4/15)、新宿区議会5会派共催による勉強会が久しぶりに開催されました。


(ヘアドネーションのために髪を伸ばしています。Yさん、いつも綺麗にしてくれてありがとうございます♡)

「コロナ禍とくらしー支援の現場から見えてきたものー」

お話くださったのは新宿区職員から、子ども家庭課長&生活福祉課長の2名。
支援現場からは神部紅さん(年越し支援・コロナ被害相談村実行委員会)、青龍美和子弁護士、猪爪まさみさん(新宿ニコニコ子ども食堂)の3名。

何かあれば、先ずは弱いものにしわ寄せが行きます。子ども、女性、非正規労働者・・。

神部さんからは、コロナ不況で真っ先に解雇された非正規の外国人労働者についてのご報告。
青龍弁護士からは女性による女性のための相談会のご報告。
猪爪さんからは子ども食堂運営についてのご報告。

現政権の行っている働き方改革という名の労働環境破壊、
日本におけるジェンダー不平等、
子ども7人に1人は貧困、

という社会の縮図が登壇者の皆さんのお話から浮かび上がります。

積極財政により社会に活力を生み出し、困窮者支援を善意の民間の人々に押し付けず公が行うべきです。

共催は日本共産党新宿区議会議員団、立憲民主党・無所属クラブ、社民党新宿区議会議員団、スタートアップ新宿、ちいさき声をすくいあげる会(私の会派名です)の5会派。

一緒に「パートナーシップ・ファミリーシップ条例」を共同提案した仲間です(自公・新宿未来さんの賛同を得られず否決)。

国会だけでなく、地方議会でも野党共闘があるんですよ。
それではまた。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com