よだかれん ちいさき声をすくいあげる会

ブログ&活動報告

「重要土地等規制法案を廃案へ‼(*˘︶˘*).。.:*♡」

2021年05月30日

皆さんこんばんは、新宿区議会議員のよだかれんデス。

最近は美味しいランチを頂いたりしつつ、
(美味しいのはもちろん、私が大切にするのが店員さんの感じ良さ。こちらcoto cafeさん、完璧デス☆新宿は花園神社近くにお越しの際は是非‼)

6月議会の質問作成生みの苦しみ真っ最中です^_^;
え~んえ~ん・・って泣いてちゃノンノン!投票して下さった皆さんのためにも頑張らねばですね。

国に目を移すと、今国会では、私たちの個人情報で企業に商売させたり国民監視を強めかねないデジタル改革関連6法案が成立してしまった一方で、入管法改悪法案が廃案となるというミラクルも起こりました。もう一つミラクルを起こして廃案にしなければいけないのが重要土地等規制法案です。

時の政府が勝手にここねと指定した施設の周囲おおむね1kmについて、土地等利用者関係者について調査され、拒めば罰則が科されます。自衛隊員が調査にやって来ることも想定されていますが、ある日突然自宅に自衛隊員が調査にやって来ることは多くの人にとって心地よいものではないと思いますがいかがでしょうか。自衛官が悪いわけではなく、そんなことを可能にする法律が私は怖いデス。

また、「施設機能」や「離島機能」を「阻害する行為」を規制対象とし、中止等の命令違反につき懲役もしくは罰金刑の対象としているのですが、何をもって「阻害する行為」とみなすかが定められていないのが問題で、基地や原発等に反対する市民活動を対象とされる恐れもあります。

基地反対、原発反対運動する人たちの事だから、他人事ですか?

でも第十九条にはこう定められています。「 第一種重要国土区域内に所在する土地等について、国家安全保障上特に必要であり、かつ、当該土地等を国が取得し、これを管理することが適正かつ合理的であると認めるときは、この法律の定めるところにより、これを収用することができる。」

市民運動なんてしていなくても無関係ではいられませんよ。
例えば、新宿区内には防衛省が存在しています。ここが指定され、周囲1kmの土地等について収用されるということも起こり得ますよね。政府の一存で。

政府は法案の狙いについて、基地周辺や国境付近の離島などの土地が外国人らに買収される事例を念頭に安全保障上のリスクがあると主張していますが、

そもそも防衛省は全国約650の「防衛施設」に隣接する土地を調査した結果、「現時点で、防衛施設周辺の土地の所有によって自衛隊の運用等に支障が起きているということは確認をされていない」(2020225日、衆院予算委員会第8分科会)としているそうです。つまり、立法の必要性が不明。

本当の狙いは何なのでしょう。用心しなければなりません。
立法の根拠もなく、恣意的な運用の余地が大きく、私権を制限され、思想信条調査も可能となる恐れもあり、市民活動を委縮・阻止するような法案を成立させて良いのでしょうか。

心合わせて、もう一つのミラクル、起こしましょう✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。


(バナナのタルト。コチラは別のお店。新宿NEWomanのGARDEN HOUSE Shinjuku 。coto cafeさん同様、信じられないほど店員さんが感じよくて感動します。こうしたお店で美味しい食べ物を頂くと本当に幸せな気持ちになります(´∀`*)。政治の理不尽に怒りの炎を燃やすため、こんな時間が大切☆)


(パイナップル・パンケーキ(´ε` )♥)

 

 

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com