よだかれん ちいさき声をすくいあげる会

ブログ&活動報告

「朗報!新宿区立幼稚園は無線LAN設置されていませんでした~文教子ども家庭委員会2020.09.09ご報告~」

2020年09月09日

皆さんこんにちは、新宿議会議員のよだかれんデス。
本日は所属する文教子ども家庭委員会が開催されました。

 

調査事件
1 新型コロナウイルス感染症対応について
報告事項
1 臨時的任用職員の任用要件の厳格化に伴う対応について
2 区立保育園等の登園自粛に伴う給食用食材納入事業者への支援について
3 区立学校の臨時休業に伴う学校給食用食材納入事業者への支援について
4 牛込保健センター等複合施設の基本設計業務の完了について
5 賃貸物件を活用した私立認可保育所の開設について
6 東戸山小学校内学童クラブの移設について
7 令和3年度使用教科用図書採択の結果について
8 学習指導サポーターの新規配置について
9 令和2年度 幼児教育の教育課題に対応した指導方法等充実調査研究(委託事業)について
10 令和3年度 新宿区立幼稚園の学級編制方針について

注目したポイント

・様々な行事が中止となっておりますが、区立中学校の修学旅行も中止。本当にかわいそうです。卒業期に代替行事が検討されますので、一生の思い出になるようなものにしてあげたいですね。強く要望いたしました。

 

また、全区立小中学校にサーモグラフィが設置され、全児童生徒が必ず発熱していないか確認されているというのは驚きました。

 

今年度から始まった「会計年度任用職員」という制度があるのですが、これまで臨時的任用職員とされていたものが「会計年度任用職員」か「派遣職員」という形態になります。
しかし、どのように表現され、ボーナスが出るようになったという改善点があるとはいえ、非正規雇用であることに変わりはありません。今や公務員の4割近くが非正規と言われ(民間もそうですね)、不安定な立場で働いています。官製ワーキングプア。これで日本が元気になるでしょうか?公務員バッシングは、自分で自分の首を絞めるようなものです。
正規職員を増やすべきだと私は思います。そうすることが、民間の雇用環境向上にも繋がるのではないでしょうか。

気になっていた9番

文部科学省が幼稚園教育要領改訂の際の参考資料にということで、現場の調査研究を行います。
新宿区の場合外国籍の住民が多いことから、幼稚園児の保護者と園との円滑な意思疎通についてを調査研究するようで、双方向音声翻訳機を配備して活用が図られます。お子さんは順応性が高いが、準備するものが細かく・数も多いので保護者はなかなか苦労が多いのですね。園児も保護者も園も心地よく過ごせる環境を構築せねばと思いますので調査報告が楽しみです。

出ました、電磁波関連

この内容に直接関係はないものの、PCも配備とあったので・・・やっぱ聞きますよねーーーッ!、電磁波問題( ´艸`)
フランスで幼稚園などちいさな子どもが集まる施設では無線LAN設置が禁止されているように、いくつかの国と地域では、携帯電話や無線LANなどに用いられる無線周波数電磁波が子どもの健康に与える影響を懸念し、対策を取っています。

 

無線周波数電磁波は、WHOの中の国際がん研究機関によって、「がんになる可能性があるかも知れない」というグループに分類されています。
これは大人を基準にしていますから、ちいさな子どもたちにはより一層の配慮が求められます。

 

お聞きしたところ、新宿区立幼稚園では無線LANは現段階では設置していませんでした。よかったです・・

 

このまま、有線接続を推奨し、無線LANは設置しないことを求めました。
電磁波は目に見えないし、臭いもしないし、触れることも出来ないので健康に与える影響を意識するのは難しい問題です。

 

が、人間の視覚・聴覚・味覚といった五感や運動は、脊髄から出る神経電流によって制御されているように、人間の生命は生体電気システムそのものなのだそうです。
ということは、人工的に発せられている電磁波に対し、大なり小なり何らかの反応があるのは当然のように思います。

 

日本の定める指針値は、世界的に見てアメリカと並んで一番緩く、厳しい規制をしている国よりも1000分の1、1万分の1。
ですから、国が安全だと言っても鵜呑みにするのは危険です。原発で学びましたよね。

 

私たちの生活を便利で快適にしてくれる電機や電磁波に感謝しつつ、正しく恐れて取れるだけの対策を取ってゆきたいと思います。

 

電磁波かれん(笑)、ますます学んで、新宿の子どもたちの役に立ちたいと思います。
長々と失礼しました、それではまた!(*゚▽゚)ノ
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com