よだかれん ちいさき声をすくいあげる会

ブログ&活動報告

「怒涛の1週間、無事に駆け抜けましたーーーッヾ(*´∀`*)ノ」

2020年12月05日

皆さんこんばんは、新宿区議会議員のよだかれんデス(*゚▽゚)ノ

怒涛の1週間を駆け抜けました・・大きなところでも①本会議一般質問登壇、②参議院会館院内集会「DV被害者と子どもの安全をどう守るか」司会、③「東京大学先端科学技術研究センター名誉教授 児玉龍彦先生 新型コロナウィルス学習会」では何と、ITに強いわけでもない私がyoutubeライブ配信担当ーーーッ(;゚Д゚)!

今週は行政書士研修や細かい仕事もビシバシと容赦なく入って、一瞬自分のことを売れっ子タレントか何かと勘違いしそうになりました☆

もろもろ無事に終えられて、心より安どして明日の日曜日を迎えられます・・・。

①本会議一般質問登壇

動画をyoutubeにアップしておりますのでお時間のある時にご覧頂きたいのですが、近いうちに文章でまとめてブログ投稿したいと思いますし、動画でも解説したいなと思っています。お楽しみにーッ(*゚▽゚)ノ
質問動画はちい声youtubeチャンネルをご覧ください♪→ちいさき声をすくいあげる会ちゃんねる

②「DV被害者と子どもの安全をどう守るか」

弁護士・学者・国会議員、そして当事者のことを当事者抜きに決めてはいけないという事で、被害当事者からも勇気ある発言を頂き本当に本当に素晴らしい院内集会となりました。


(感染拡大防止のために会場は関係者のみ。内閣府・厚生労働省からも参加者がいらっしゃいました。それにしてもzoomウェビナーで170名もの申し込みが!!全国各地・海外からの参加者もいらして、関心の大きいテーマだと痛感。)

もちろんこの院内集会はDV法改正を考えるためのものだったわけですが、そうなると共同親権法制化問題は避けては通れない大問題です。

「共同親権法制化は、DV被害者と子どもにとっては悪夢です」

という当事者のお言葉に、やはり私の学んでいることは間違いないのだと確信しました。STOP!共同親権法制化活動張り切って参ります。

③児玉龍彦 東大名誉教授の新型コロナウィルス学習会

私は学習会共催者ではなくあくまでも配信お手伝いなので、オペレーションに集中しなければならなかったためほとんど児玉先生のお話は耳に入ってこなかったのですが、オリンピックについてのご発言部分は、過分な税金が使われることに反対してきた身としてビビビーッ!!と反応してしまいました。


(PC2台を駆使!我ながら天晴!!(笑) お隣はいつもお世話になっている主催のお一人・近藤なつ子新宿区議会議員)

コロナの感染状況がどうであっても、無観客にして選手を隔離して公共交通機関を使わずにホテルと会場だけ往復させる等すれば開催は出来ます。

しかし、そもそもオリンピックはいったい何のために開催するのでしょうか?健康増進や世界平和実現のためではないのでしょうか?もはやスポンサー収入や放映権料を受け取るために開催すること自体が目的になっていないでしょうか?


(会場にはたくさんの新宿区民の皆さんがヽ(´ー`)ノ それにしても なつ子さんと私、後ろ姿ですがなんだか素敵なツーショットじゃないですか?)

アスリートの夢や希望・国民の健康など、どうでもよいのではないでしょうか?
ただでさえひっ迫している医療現場がオリンピックに対応できるでしょうか?
オリンピック開催時はボランティアで医師に協力してもらうとの事でしたが、大会関係者の気は確かなのでしょうか?

このままではオリンピックのレガシーが、コロナで疲弊した国民を踏みつける強権政治の集大成と感染大爆発となってしまいます。

改めて、オリンピックに税金を浪費することに反対します。

現時点で、7500億円と言っていた経費が1兆3000億円となっており、最終的には3兆円規模になるのではと言われています。

オリンピック中止を一刻も早く決断して、国民救済に税金を使いましょう。
そう決意させてくれる、素晴らしいお話でした。

明日は日曜日。
楽しい一日となりますように✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com